いろいろやってみよ!

【ジャンボシューを求めて!」第4回スイーツ―リング・夏井川渓谷の紅葉と一緒に

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
地方在住の平凡なパティシエです。働き方改革の波を受け、現在勤めながら個人事業主の二足のわらじに挑戦中!車とバイクが趣味です。思い立ったことを書き連ねる雑記ブログをはじめました。 最近、ワークマンがお気に入り!よろしくお願いします!

ご訪問ありがとうございます!

スポンサーリンク

寒波到来の中ですが、備忘録として先月行ってきた紅葉&スイーツツーリングについてです

今回のお目当ては福島県いわき市名物?ジャンボシュークリーム!

 

けっこう昔から有名のようです。

同じ業界(パティシエです)にいるので話は聞いていたのですが、行ったことはなかったんですよね~

知人に聞いた話、このコロナ禍でも売り上げは底堅いらしい

それならば一見の価値あり(どの立場?)ですよ

 

合わせて、いわき市の景勝地である夏井川渓谷の紅葉も見てきました!

この日は見ごろをちょっと過ぎたあたりでしたが、観光客もチラホラいらっしゃいました

さて、人気のジャンボシュークリームとはいったいどんな感じなのか?

さて、今回もいろいろやってみよ!

 

スポンサーリンク

白土屋菓子店のジャンボシュークリーム

お店はいわき中央インターから車で2分。

サラッとしか調べずに行ったけど、インターから近かったです。

夏井川渓谷経由で行ったので、距離感が全然わからなかった…

白土屋菓子店

道路に面していてわかりやすい立地

ただ、駐車場が道路を挟んだ向かい側にあるのが意外に面倒?

皆さん、ガンガン路駐してました。中には大型トラックとかも(まぁ、大型は駐車場に入りませんけども…)

地元の人なんだろうけど、決して広い道路ではないので危ないですよ

ただ、皆さん買うものが決まっているため回転は速い(路駐していい理由にはなりませんが)

自分が買っている時も、途切れることなくお客さんが来てました

コロナ禍でも順調なのは間違いないようです

 

入って左手に、お目当てのジャンボシュークリームが堂々と鎮座していました

ショウケースの1本はシュークリームで埋め尽くされちぇいます!

これは圧巻でた!

サイズがジャンボ→中ジャンボ→特大ジャンボの順に大きくなっていきます

中ジャンボって…?大きいのか小さいのか訳わからなくなってきますね( ´∀` )

画像

味はカスタード+生クリームが定番。

曜日ごとにあんこが入ったあんシュー・チョコクリームのガナッシュ―など並ぶ模様

この日はあんシューの日でした

 

せっかく来たのでここは特大ジャンボ!と行きたかったのですが

バイクの積載的に(2種類買いたかったので)断念、中ジャンボとあんシューにしました。

 

普通?のジャンボシュー↓

中ジャンボシュークリーム↓

ジャンボシュー中

大きくなるほど形がゴツゴツして岩みたいです

まん丸いいわゆるシューとは違い、知らない人が見たら

「なにこれ、潰れてるけど…」ってなると思う

断面~、ほぼほぼ生クリーム。くちどけは軽めでなめらか。

底の方にうっすらとカスタードクリームが隠れています

カスタードクリームは案外固めで、少ない割には主張してきます

でもいかんせん生クリームとのバランスが違いすぎて、霞んでいきました

 

シュー皮は昔ながらの感じ。若干硬さはあるものの皮を味わうものではないのは明らか

生クリームの甘さも強めで、しかもシューの上にこれでもかってくらい粉糖がかかってるので

感想としては、とにかく甘い!

甘さ控えめの風潮など何のその、これがうちの味だ!って意志がひしひしと感じる

好きな人にはたまらないだろうけど、たぶんほとんどの人は持て余すかも?

 

こちらはあんシュー↑

構成は見ればわかる、カスタードクリームとあんこが入れ替わった感じ

餡のことは詳しくありませんが、ほんのり塩気もあるのでこちらの方が個人的に食べやすかったです

 

やはりあれだけ生クリームが多いと食べ飽きるのGは必須(もちろんシェアすれば問題なし)

味変のためにも、中に酸味や苦みなどのあるソース・スポンジなどのパーツがあれば

全体をよりおいしく頂けると思いました。(余計なお世話)

 

なので、ガナッシューの方だったらベストバランスなのかもしれません

しかし、特大サイズの見た目のインパクトはすさまじく、お土産やサプライズには最適!

おそらく、皆さんそれがメインの用途だと思います

もしくは写真映えするからかも?

甘いものに目が無い、ぜひチャレンジしてみたください!

 

スポンサーリンク

夏井川渓谷県立自然公園

福島県南東部、磐越東線に沿って流れる夏井川本流、背戸峨廊及び二ツ箭山を含む地区と水石山、閼伽井獄を含む地区の2つの地区からなる。 磐越東線川前、小川郷駅間の約16キロメートルにわたる夏井川渓谷は、阿武隈山系の花崗岩をぬって浸食し、素晴らしい渓谷美をつくりだしている。 江田駅付近で北方から夏井川に注ぐ江田川すじにある背戸峨廊は、約5キロメートルにわたって数々の奇岩、滝、淵がならび、初夏から秋にかけての景色が特に素晴らしい。 水石山は標高735mで、放牧場及びピクニック園地として利用されている。二ツ箭山は標高716mで、ロッククライミングができる山として知られる。

【出典:福島県ホームページ

 

ネット上ではギリギリ見頃となっていましたが、ほぼ終わりでした~( ノД`)シクシク…

心地よい気温で、風が気持ちよかったです

ここで持参したおにぎりとコーヒーでお昼を済ませました

それだけで、十分に満足。

ボーっとした時間が、癒しになりますね

電柱メイン?なんでこの構図で撮ったのか…

 

次は新緑の季節にまた来よう!

この記事を書いている人 - WRITER -
地方在住の平凡なパティシエです。働き方改革の波を受け、現在勤めながら個人事業主の二足のわらじに挑戦中!車とバイクが趣味です。思い立ったことを書き連ねる雑記ブログをはじめました。 最近、ワークマンがお気に入り!よろしくお願いします!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© オカシナブログ , 2020 All Rights Reserved.